認知症の在宅介護で大切なこと

認知症の在宅介護は、介護者に大きな負担がかかります。もし家族が認知症を発症し、在宅介護を選択する場合、事前にしっかりと認知症についての知識を付け、正しい介護を行う必要があります。
今回は、認知症の在宅介護で大切なことをご紹介します。

 

認知症についての知識を身に付ける

 

認知症の症状は突発的なものが多く、また患者自身に体力がある場合、徘徊や反復行動、恫喝といった問題行動を起こすことも考えられます。

 

患者がこのような行動を取った場合、正しい知識を持っていることで適切な対応ができます。また、一言で認知症といってもいくつか種類があります。

 

症状の出方も認知症の種類によって異なるので、患者がどのタイプの認知症なのか、どのような症状が想定されるか、介護を始める前にしっかりと調べておきましょう。

 

介護者の健康にも気を付ける

 

認知症の介護は大きな負担となります。介護をする側が健康でなければ、介護を維持することはできません。介護をする側が負担により身体を壊してしまうケースは珍しくありません。患者の健康も大切ですが、介護を続けるためにも健康には気を付けましょう。

 

無理をしない

 

認知症の介護で一番重要なのが、無理をしない、ということです。家族だから無理をしてでも面倒をみなければならないと、限界まで我慢をして介護をしてしまうこともあります。

 

しかし、認知症の介護を継続するためには、無理をしないことが一番のポイントです。患者が危険を伴うようなことをする以外は、介護に関わる時間をなるべく減らしましょう。

 

介護に限界を感じた場合は、相談窓口を利用したり、施設に入所させるのも一つの手段です。患者数の増加と共に、相談窓口や施設の数は多くなっています。最寄りの窓口や施設を有効利用しましょう。