食事で認知症を予防しよう!

認知症の原因は未だはっきりと判明していないことが多いですが、日常生活の中で予防をすることができます。その中でも有効的な手段としてあげられるのが、普段の食生活です。食事から必要な栄養素を取り込むことで、認知症の原因である脳の働きの低下を防ぐことができます。

 

大豆食品

 

大豆食品は、味噌、豆乳、味噌、納豆など、身近な食品に多く用いられています。大豆には記憶力をアップさせるレシチンという成分が含まれており、外部から入ってきた情報を脳内でスムーズに伝達する役割を担っています。これにより、脳を活性化させ、認知症予防に大きな期待ができます。

 

オリーブオイル

 

食材の味付けや調理に多く用いられるオリーブオイルは、オレイン酸という成分が含まれています。このオレイン酸は、認知症の原因であるアミロイドβという成分を減らし、脳内に蓄積されることを予防することができます。

 

 

魚に含まれている代表的な栄養素に、DHAがあります。DHAは代謝能力をアップさせ、健康な身体を作り出す土台となります。これにより、脳の働きもアップすることができ、認知症予防をすることができます。

 

食生活の変化と共に魚を食べる機会が少なくなっていますが、DHA以外にも魚には健康維持のために必要な栄養素が多く含まれています。積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

 

カカオ

 

カカオには動脈硬化を予防する働きがあり、脳の血管異常による認知症を防ぐ効果が期待できます。カカオが使われている商品としてあげられるのがチョコレートですが、チョコレートには多くの糖分が使用されており、摂取のし過ぎは健康を損なうことに繋がります。健康を阻害せずカカオを摂取する場合、チョコレートの中でもカカオの含有量が多いものを選びましょう。