認知症患者の服薬管理方法

認知症介護で必要となってくるのが、患者の服薬管理です。記憶に支障が出てくる認知症は、患者だけでは服薬管理ができません。家族や他人による服薬管理が必要となります。今回は、認知症の服薬管理のポイントに付いてご紹介します。

 

服薬の注意点

 

服薬管理でまず注意することは、医師の指示通りに薬を飲むことです。通常であれば問題はありませんが、認知症患者となると薬を飲むのも困難になります。必ず患者以外の誰かと一緒に処方箋の説明を受けましょう。

 

また、認知症の症状に物忘れがあります。この物忘れは普通の方とは違い、過去に行った記憶そのものが欠如してしまいます。このため「薬を飲んだ」という事実を忘れてしまい、薬を飲んでいないと訴えてくる場合があります。

 

この時、無理に患者の訴えを否定すると、患者が混乱してしまい、トラブルの元となる可能性もあります。
一旦患者の訴えを認めてからゆっくり話を聞き、安心させるようにしましょう。

 

道具の活用

 

近年では服薬管理に使える便利なグッズが多く販売されています。使いやすいのがお薬カレンダーです。カレンダーに透明のポケットが付いているもので、ここに薬を入れておくことでぱっと見で服薬管理ができます。

 

患者が「薬を飲んでいない」と訴えてきた場合、お薬カレンダーを見せて納得させるのも一つの手段です。また、お薬カレンダーの近くに日付が分かる時計を置いておくのも便利です。

 

認知症の症状の一つに見当識障害というものがあり、これを発症すると日時が分からなくなってしまいます。
目から見ることで、患者に日時を自覚させることができ、薬の管理がしやすくなります。これらの道具を有効活用しましょう。