認知症対策にはアロマが効果的?

アロマには精神を落ち着かせたり、美容に良い効果があるとされています。主に若い女性に人気の方法ですが、アロマは美容だけでなく認知症にも効果が期待できます。今回は、アロマと認知症の関係性、効果的なアロマをご紹介します。

 

アロマの匂いが脳を刺激する

 

人間には五感があり、そのうちアロマは嗅覚を刺激するものです。嗅覚は大脳辺縁系という部分に直接働きかけます。大脳辺縁系は記憶を保管する場所です。大脳辺縁系には海馬も含まれており、認知症を発症すると海馬にダメージが出てしまいます。

 

そこで、アロマで嗅覚で刺激をすることにより海馬を活発化させ、ダメージを軽減、修復することができます。これにより、認知症を予防、改善することができるのです。

 

認知症に効果的なアロマ

 

アロマを使用する場合は、化学合成された物ではなく、自然に近い形のアロマを選びましょう。天然のアロマは、より効果的に認知症対策ができます。

 

アロマの中でも、脳に働きかけ集中力や気分を上げることができるアロマが効果的です。オススメなのが、ローズマリーとレモンです。

 

ローズマリーは集中力、レモンは気分を上げることができます。また、どちらも初心者向けの匂いなので、手軽に使える利点があります。

 

日中は、この2つの匂いを組み合わせ、午前中に2時間以上香りを嗅いでおくことで、海馬に十分な刺激を与えることができます。認知症対策には十分な睡眠も必要です。

 

安眠効果のあるアロマはラベンダー、リラックス効果はオレンジがあります。この2つを組み合わせ、寝る1時間前に使い始めましょう。枕元にアロマを染み込ませた布か、市販のディフューザーを使いましょう。