日常生活の中でできる認知症の予防方法

認知症は一度発症してしまうと治すことができない病気です。発症する前に予防することが重要です。今回は、日常生活の中でできる認知症の予防方法をご紹介します。

 

食生活の改善

 

近年、食生活の乱れにより身体に必要な栄養素が不足している方が多く居ます。栄養素の不足は心身に悪影響を与えてしまい、認知症の原因にもなってしまいます。

 

認知症予防には、バランスの良い食生活を心掛け、必要な栄養素を十分に摂取しましょう。特に効果的な栄養素としてあげられるのが、ビタミンCやβカロチン、ポリフェノール、DHAやEPAです。これらの栄養素を意識して摂取するようにしましょう。

 

脳に刺激を与える

 

認知症の多くは脳細胞が破壊されることで起こります。脳細胞の破壊の原因は未だに判明していませんが、日常的に脳に刺激を与えることで認知症の発症リスクを押さえることができます。

 

刺激の与え方は、頭を使う行動です。本を読んだり映画を見る、他人と話すといった外部からの刺激を受けることで、脳が刺激されます。

 

睡眠

 

睡眠も認知症予防のために大きなポイントとなります。充分な睡眠時間を取る、規則正しい時間に寝て起きるといった習慣を身に付けるようにしましょう。

 

また、起きてから2時間以内に太陽の光を浴びると、体内時計がリセットされ正常な脳の働きをサポートします。気分もスッキリとするので、起きたら太陽の光を浴びる習慣を身に付けましょう。

 

また、睡眠時間は長ければ長いほど良い、というものではありません。必要な時間内にいかに深く眠るかがポイントです。

 

夜にしっかり寝るようにするためには、昼寝は30分以内にする、日中に身体を動かす、寝る前に身体の緊張をほぐすストレッチをする、といった方法がオススメです。